Lilypie 1st Birthday Ticker

2007年03月28日

3/28(水) 生まれて 136日

26日(月)に予防接種で小児科に行った時、湿疹に使っているステロイドのことを相談したら、アルメタはstrongで副作用が強く首から上にはあまり長く使わない方がいいので、weakのコルテスに替えるようにとのアドバイスを受けたのでその通りにしたら、また症状が以前に戻り始めた。

心配になって今日また診てもらったら、これだけ長引くのは娘はやはりアトピーだろうとのこと。そして大豆油(あるいは但し書きのない植物油脂)アレルギーの可能性がかなり高いそうである。私が食べたものは微量だが母乳に出るのだが、市販のお菓子や惣菜だけでなく、レトルト食品、調味料などにもかなりの確率で入っているそうである。特にカロリーが半分とか1/3というものにはたいてい入っている。それを聞いた時、あぁ今まで安直にダイエッ
トしてきたツケがこんな形でまわってきたんだとドッキリした。そしてそんなにいろいろなものに入っているなんて、母乳育児なんてもう続けられないと目の前が真っ暗になった。
先生の話を聞きながら涙が出てきて「母乳をやめてミルクにしてもいい」と言うと、「死の宣告を受けたみたいに思わないように。油といっても菜種(キャノーラ)油、オリーブ油、ごま油を少量取るのは構わないし、大豆製品も肉も魚も果物も何でも食べていいのだから、食べるものはいっぱいある。自分で気をつけて買うのが一番だが、たとえ完全に除去できなくても少しでも減らせばその分改善するはずだから」とのことだった。
それからステロイドは頓服みたいなもので症状を一時的に抑えるだけで、根本的な治療にはならない。でも以前に比べて地肌はよくなっているように見えるから、もしかして漢方(白虎加人参湯)が効いているのかもしれないから続けてみることと、今までの保湿剤(ヒルドイドソフトと亜鉛華軟膏)とコルテス、それから酷いところにはキンダベート(mild)を使っていくことになった。

娘がもし本当に大豆油のアレルギーならば、痒がる娘の世話で時間がなくなり、買ってきてもらった惣菜を食べるという生活は悪循環なのではないか。
大豆油の入っていないものを自分で探して買い、自分で料理するのが一番の解決法なのではないか。
4ヶ月半の娘をかかえて自分で買い物をするのは簡単なことではないけれど、夫や夫の両親に協力してもらったり生協を利用したりして、できるだけのことはやってみようと思う。

今日食べたもののなかで植物油脂の入っているもの
アイス、クッキー(小児科に行く前)
posted by chelsea at 22:26 | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。